初心者せどらーのAmazonFBAの販売価格と利益管理の方法。ポイントまとめてみた

AmazonFBA倉庫に商品を送ると在庫が反映されます。
これで、あなたの商品がAmazonで販売開始になったことになります。

 

商品の価格は毎日変わるんで、状況に応じて価格調整することが大事です。

 

 

AmazonFBAの商品値付けのポイントは?

FBA出品価格より安くしない

FBA出品者と同じ価格で出品するのが基本中の基本です。
FBA最安値に必ず合わせます。

 

FBA最安値に合わせ、ライバルが10円下げたから、自分も10円下げる。
こんなな値下げ合戦が1番最悪なんで!!

 

FBA最安値であれば、評価が少なくてもカートボックスは一定の割合で取れます。

値下げ合戦には絶対乗らないようにしましょう。

 

自己発送出品者と同じ価格で出品しない

AmazonFBA出品は自己発送の出品より、必ず高くても売れます。

 

販売価格はFBA価格を参考に決めます

自己発送の商品の価格は完全シカトでいいです。

 

ただ、カートボックスがずっと自己発送の出品者になっていたら
FBAの価格が高すぎる可能性があります。

 

少し出品価格を下げてカートボックスを取れないか?探ってみましょう。

 

Amazon自体がライバルにいた場合

Amazonは人気の高い商品は、自社で販売しています。

普通は信頼性の高いAmazonからみんな買いますよね?

 

Amazonよりほんの気持ち少なめの金額で出品して
少しでも安く商品を買いたいお客様をターゲットにして出品しましょー

 

FBA最安値と2番目の価格が離れている

FBA最安値の価格と、次の2番目に安い価格が離れているのって結構あります。

 

その場合、自分で購入して利益が出るんであれば刈り取ってしまっても良いです。
「刈り取りせどり」

 

あまり利益が取れないなら、売れるのを待った方が良い場合もあります。

 

裏技
「カートに入れる」を押すと、その出品者の在庫が何個か分かります。

在庫が1個しかない場合、そのセラーに先に売ってもらって、
もっと高値で売れるタイミングを待つなんて作戦も立てれます。

 

 全体で利益を取る思考

月収10万円の人も、月商100万円の人も、ほぼ確実に赤字の在庫は持っています。

100%全てが黒字で売れるわけはありません。

商品の「損切り」は必ず必要です。

 

重要な考え方は、

多少赤字の商品があってもトータルで黒字を出す意識

なぜ赤字になってしまったのか?原因を考えて検証する

 

失敗なんかしてもいいんですよ。

 

失敗を検証して経験を積んでいけば。
赤字になる確率はだんだん小さくなるからさ~

 

価格改定は週に何回ぐらいやるの?

Amazonの販売価格は毎日変わります。
なので、価格の改定は柔軟にマメにやりたいところです。

 

でも副業せどらーは、本業の仕事が忙しくて毎日の価格改定は厳しいかと・・・

「何曜日と何曜日」「週末は必ずやる」など、自分の価格改定のルールを決めると良いです!!

 

おすすめの記事