2019年せどり転売は稼げない?継続して稼ぎ続ける事ができるビジネスモデル

「安く仕入れて高く売る」

 

世の中にある商売の基本です。

この定義が、世の中からなくなる事はありえないです。

 

だから、せどり転売のスキルをマスターすると、

将来お金に困る事はなくなるといっても過言ではないと思いません?

 

 

2019年、せどりはもう稼ぐ事は出来ない?

「せどり転売なんてもう飽和したよ!」
って、言っている人がよくいます。

でも考えてみてください。

 

毎日毎日、世の中には常に新しい商品が販売されていますよね?

 

デジカメ、パソコンやテレビなど、
毎年毎年新しいモデルが登場しています。

 

例えばゲーム機の本体1つでも、

プレステだけでもPS、PS2、PS3、PS4とバージョンアップして、新商品が登場してます。

 

そーゆー新商品が販売されたら、

お店にある型落ちの売れ残った商品はどうなるのか?

 

お店側は古い在庫は持ちたくないし、新商品を置くスペースも作らないといけないし。

型落ちの商品は在庫処分として安くてもいいから早く売りきりたいわけです。

 

このサイクルがあるんで、
「せどりは飽和して稼げなくなる」という事はないんです。

 

 

あと、
日本には四季がありますよね。

季節ごとにいろんな商品が登場してきます。

 


花粉対策 → 空気洗浄機・マスク

 


冷却関係 → エアコン・扇風機・かき氷機

 


運動会・ハロウィン → デジカメ・ビデオカメラ

 


クリスマス・年越し → ゲーム・おもちゃ

 

みたいな感じで、季節に合わせて新商品が登場してくるんです。

 

何年も前から、せどりは飽和して稼げなくなったと言われ続けていますが、現実は飽和してません。

 

せどりをちょっとかじっただけで、全然稼げずやめてしまった中途半端な奴らが負け惜しみで言ってるだけ

 

まぁ多分そんな奴らは、せどりだけじゃなく、何のビジネスをやっても稼げずに終わるかな。

 

なんで、あなたは全く気にしなくて大丈夫ですよ。

 

 

「せどり転売」世界的にも優秀なビジネスモデル

国内転売だけでなく、輸出や輸入も視野に入れたら、ものすごい仕入れ先や販売先になります。

 

・EBay輸出輸入

・海外アマゾン輸出輸入

・中国輸入転売

 

将来的にビジネスを世界に展開することも可能です。

せどり転売は、資本主義社会で必ず起こる市場の価格差を狙います。
いちどマスターしてしまえば一生継続して稼げます。

 

 

せどりは人々の幸せに貢献するビジネス

せどりは、探しても見つからない商品を代わりに探してあげるビジネス

 

世の中には欲しくても手に入らない商品が出てくるんですね。

 

例えば、
クリスマスに娘に「どうしてもこのオモチャが欲しい」とねだられたパパ。

 

そのオモチャはどこにも売っていなくて入手できなかったけど、
amazonだけでは売っていたとしたら?

 

そのパパは、かわいい娘の願いを叶えるために、多少値段は高くても必ず買います。

 

お金よりも、愛情が大切だから。

せどりビジネスは人の役に立っているんです。

 

チケット転売や何かでせどり転売は悪いことだ!
というイメージを持っている人がいます。

 

その一方で、

 

人の役に立って感謝されるビジネス。

罪悪感を持たずに、自信を持って取り組んでほしいです。

欲しかった商品を探している人に届ける

人々の幸せに貢献する。

 

これがせどり転売のビジネスの役割の1つですよ。

おすすめの記事