「店舗せどり」VS「電脳せどり」それぞれのメリット・デメリットとは?

店舗せどりvs電脳せどり

せどり転売は大きく分けると、「店舗せどり」と「電脳せどり」の2種類の手法があります。

 

あなたがこれからせどりを始める初心者なら、どちらから取り組んだ方がいいのか迷っていませんか?

 

 

「店舗せどり」とは?

実際に店舗に足を運んで、お店からアマゾンで売れる商品を発見して仕入れること「店舗せどり」といいます。

 

「店舗せどり」のメリット

例えば、店舗では100円位で投げ売りされてる商品が、アマゾンに出品すると3000円とか5000円とかで売れたりします。

 

実際に商品を手に取ってリサーチするので、稼げそうな商品や稼げなそうな商品を体感的に覚えることができるし、商品の相場観が早く身に付きます。

 

「店舗せどり」デメリット
お店の営業時間が決まっているので、仕事や予定があると仕入れするのに時間的制約がある。

また、移動するのに無駄な時間や費用がかかります。

 

 

 

「電脳せどり」とは?

楽天などのネットショップ、ヤフオクやメルカリなどのフリマ・オークションサイトから仕入れて、アマゾンで高く転売する手法を電脳せどりといいます。

 

「電脳せどり」のメリット
仕事が遅くなった夜中にでも、時間を気にせずいつでも仕入れする事ができる。
わざわざ店舗に出かけなくても、家でコーヒーでも飲みながら優雅にせどり仕入れをすることができます。笑

 

「電脳せどり」のデメリット
他のライバルセドラーと仕入れがダブった場合、価格競争が起こりやすいです。
仕方なく赤字でも損切り販売しないといけない時もあります。

 

 

店舗せどりと電脳せどりとメリット・デメリットを書いてみました。

人それぞれ向き不向きがあると思います。
あなたはどちらのせどり手法が向いてそうですか?

 

店舗せどりに向いている人

会社帰りなどに仕入れにお店に寄ることが出来る時間がある

家にじっとしているのが苦痛な落ち着きのない人笑

体力だけは自信がある体力バカ

 

電脳せどりに向いている人
1歩も家から出たくないめんどくさい人
まだ小さな子供がいる主婦の人、
介護する人がいるなど外に出ることができない人パソコン操作が得意な人

 

 

まとめ

それぞれのメリットとデメリットを理解して、自分の性格に合っていて、出来そうだと思った方から取り組んでみよう。

 

これからせどりを始める初心者の人へ
ある程度成果が出て稼げるようになるまでは、「店舗せどり」と「電脳せどり」のどちらか1つに決めて集中して取り組んでください。

 

「二兎を得るものは一兎をも得ず」

最初から欲張ってどちらの手法も同時に取り組むと、高確率で中途半端になって失敗します。
ある程度稼げるようになるまでは、どちらか一つの方法に集中してやってみましょう。一点突破!!

おすすめの記事